FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【news】大興奮!マシンガンをぶっ放すマッチョな天使たちの終末戦争!
2010-05-22 Sat 00:53
興奮!マシンガンをぶっ放すマッチョな天使たちの終末戦争!
(5月20日13時54分配信 Movie Walker)

“天使”と聞いて思い浮かぶものといえば、なんだろうか。ふわふわの白い羽根を持つ子供の姿? ハープをつまびきながら雲に乗っている女性の姿? いずれにせよ、ピュアな存在であることは想像に難くないが、そんなイメージを打ち砕く、タフでマッチョな天使が『レギオン』(5月22日公開)に登場。腹筋の割れた肉体をさらし、剣や銃を手に暴れまくるその姿は、なんともハードボイルド! 恐ろしくもかっこいいのだ。

そんな異色すぎる天使の名はミカエル。“神に似たもの”という称号を持ち、聖書の中でも最も人気が高い天使をモチーフにしているわけだが、本作で描かれるミカエルの目的は、なんと人間を見捨てた“神”との戦い。天使の中で唯一神に背を向けた彼は、人間を救うため、大天使ガブリエル率いる天使軍団と壮絶な戦いを繰り広げる。ミカエルがマシンガンをぶっ放せば、ガブリエルは鋼鉄の翼を刃にかえ、さらにイボイボのあるハンマーを振り回して応戦。大量の武器を駆使したアクションに爆破シーンや肉弾戦がこれでもかとばかりに繰り広げられ、ド派手な終末戦争を見せてくれる。

ミカエルを演じているのは、『ダ・ヴィンチ・コード』(06)で、殺人を犯す修行増シラスを演じたポール・ベタニー。今回もどこか狂気を漂わせる危うい雰囲気で、斬新な天使像を生み出している。6カ月間ジムに通って鍛えたという肉体美も見逃せない。

マッチョなミカエルに加え、老婆が突然怪物に変身して天井をはいずりまわったり、アイスクリーム屋のアゴや手足が伸びて魔物に変わるなど、意表をつかれるキャラクターが大集合。天使でさえも悪魔と化すこの終末戦争の行方は? これを見たら天使のイメージも変わるかも!?

レギオン







おー…。
なんかとんでもない映画が完成したみたい(笑)

マッチョな天使ミカエルが、やっぱりマッチョな天使ガブリエルの軍団と対決!

しかも天使の御力とかではなくて、なぜかマシンガンをぶっ放す!!

…まさにハードボイルド!


映画の詳細はこんな感じです。


『レギオン』
監督・脚本・製作:スコット・スチュアート
出演:ポール・ベタニー/デニス・クエイド/ルーカス・ブラック/ケイト・ウォルシュ
2010年
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
PG-12
http://www.legion.jp/

【ストーリー】
砂漠の中のダイナーで働くチャーリーは、父親不明の子どもを妊娠していた。12月23日、ダイナーに一人の老婆が現れ、突如チャーリーに襲いかかるが、なんとか撃ち殺す事ができた。その後、ダイナーにミカエルと名乗る男が現れた。彼は人類を滅ぼそうという神の命令に背き、“人類最期の希望”であるチャーリーのお腹の中の子どもを守るためにやって来た天使だったのだ。そしてダイナーでは、怪物と化した人間が次々と襲いかかる…。

本作は、人類に祝福を与えるはずの神と天使が、人類を滅ぼすために襲いかかってくるという、これまでの常識を覆す状況を描いた、アクション・スリラーだ。レギオン(新約聖書に登場する悪霊の名であり、人間を滅ぼすために襲いかかる軍団の名でもある)に襲われる人々を助けるのは、四大天使の一人、大天使ミカエル。ミカエルは神の命令に背き、救世主を救おうとするのだ。ミカエルを演じるのはポール・ベタニー。白皙の美貌は、大天使の役にふさわしい。宗教的イメージに満ちた本作だが、キリスト教の知識がなくとも、十分に楽しめる。歯をむき出して襲いかかる老婆や、手足が伸びるアイスクリーム売りなど、B級ホラー的に楽しめる要素もアリ。

(ハリウッド・チャンネルより)



天使というのは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の伝承なんかに登場する「神様の使い」の事です。

それにしても、ここまでマッチョな天使を登場させるなんてウケを狙ったとしか思えないけれど(笑)
でも、以外にそうとも言えないかもしれません…。

というのは、初期のキリスト教では現在の一般的な天使のイメージとはちょっと違っていて、天使は青年の姿で描かれる事が多かったんです。しかも、その当時の天使は翼を持っていなかったらしいです。

…という事は、何も言われなければ普通の人間の青年と見分けがつかないですよね。
まさに、映画の中の翼を切り落としたミカエルです。

さらに中世ヨーロッパの時代になると、精霊のイメージなどと合わさってここでやっと天使に羽根が生えてきます。

でも、やっぱりこの時代も天使は少年や青年の姿で描かれます。

しかも、なぜかみんな美少年の姿に描かれました。

しかも、とりわけ大天使ガブリエル優美な男性の姿に描かれました。

そして、悪と戦う使命を持ったミカエルなどは、鎧をまとい剣を帯びた、雄々しい戦士の姿で描かれていたそうなんです。


…この時代、何か男性の美に対する感性が開花したのでしょうか?(笑)


天使が子供の姿や女性的な姿で表現されるようになったのはここ数百年のあいだ、比較的最近なんですね。

だからこの映画に登場するミカエルやガブリエルは、まさに初期のキリスト教徒たちが思い描いていた天使そのものとも言えるワケです。


…ちなみに、天使に「性別」はありません

「両性」というらしいですよ。

別窓 | news | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【news】カンヌ映画祭、初めてタイ映画にパルムドール、「ブンミおじさん」に栄冠 | クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” | 【news】オランダで「ローマ法王コンドーム」2000個を無料配布へ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。