FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【news】宗教信者は無神論者を信用できない!?
2012-01-12 Thu 13:59
教信者は無神論者を信用できない!?
(cjcpress 2011年12月05日 19:10)

 【CJC=東京】宗教を信仰している人は、世界で推計5億人いる無神論者を、強姦犯と同じくらい信用していないとの研究結果が12月2日、専門誌『ジャーナル・オブ・パーソナリティー・アンド・ソーシャル・サイコロジー』に掲載された。
 論文の主執筆者、カナダ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学博士課程のウィル・ジェルベー氏(心理学専攻)は、「宗教を信仰している人びとが多数派の場所、つまり世界のほとんどで、無神論者は最も信用できない人びとのグループに入る」と述べた。AFP通信が報じた。
 研究によると、神への信仰を表に出す人は、信頼できる人として見られるのだという。特に「神に監視された方が人間は善行をすると考える信者」の間でこの傾向が強かった、と共同執筆者のエイラ・ノレンザヤン氏は語る。
 研究チームは、米国の成人350人とカナダの学生420人を対象に、複数の仮定にもとづいた質問やシナリオを出した。その結果、「信用できない人」は、キリスト者やイスラム教徒、同性愛者の男性、フェミニスト、ユダヤ人よりも、無神論者である可能性が高いと考えられていることが分かった。無神論者と同程度に「信用できない」人びとは強姦犯だけだった。
 研究チームは、信仰者の無神論者に対する偏見は、嫌悪感や反感よりも、不信感によって動機付けられていることが分かったと結論づけている。






う、年が明けて半月近く経ってしまいましたが…。

皆様、明けましておめでとうございます。

ものぐさ太郎な管理人、のな を今年もどうか宜しくお願い致しますm(__)m


ころで皆さん、年明けには初詣へ行きました?それとも家でごろ寝…?(笑)
参拝する時、みんなはどんな気持ちになりますか?幸せになる?安らぐ?

…どうしてそんな事を聞くのかというと。
「初詣」という日本の伝統行事が、今年一発目に取りあげたこの記事の内容とも関係があるからなんです。


ある専門誌に掲載された論文によれば、「宗教を信仰している人びとが多数派の場所(つまり世界のほとんど)では、宗教者は無神論者を最も信用できない人びとのグループに入ると感じている」という研究結果が出たというんです。しかもこの研究結果では、宗教者が無神論者と同程度に「信用できない」と感じている人びとは「強姦犯だけ」だったという、やや衝撃的な事実も報告されています…。

世界で何らかの信仰を持つ人々にとって、無神論者は強姦犯と同じくらい危険な人物であると感じている…。日本人にはピンとこない話かもしれませんが。でも確かに、世界ではそういう傾向にあるのは事実のようです。

…それは一体どうしてなんでしょうか?

理由は人によって様々なんでしょうけど、でも大きな理由としては二つあげられると思います。

まず一つは、何も宗教を持たない人々には共産主義者が多いということです。
共産主義において、宗教というのは麻薬のようなものであると位置づけられることが多かったからです。共産主義では格差を嫌います、どんな小さな貧富の差でもあってはならず、皆が完全な平等である事を理想とします。貧富の差は搾取する人とされる人に分けられる事から始まる。搾取される人々は当然つらい、でも、神に拠り頼めばつらい労働も何とかこなす事が出来てしまう。結果、搾取する側される側という関係はその先も続いてしまい、格差は無くならない…。つまり共産主義者たちは宗教を、人々を麻痺させて貧富の差を助長してしまう「麻薬」であると考えたのでした。今でも、世界最大の共産主義国である中国の共産党員たちは、当然信仰を持つ事を禁じられ、中国国内では宗教弾圧が続けられています。世界で「無神論者=共産主義者」と考えている人々は少なくないのです。

もう一つの理由として、何も宗教を持たない人々には道徳心やモラルが欠如していると思われる可能性が高いということです。これはかなり大きな理由だと思います。
日本では、家庭や学校など社会の様々な場面で道徳を習得していくという感覚がありますよね。でも世界全体を見渡すと少し違っていて、ほとんどの国では道徳の基盤ははっきりしています。それは宗教です。神様や仏様を敬い、謙虚な心を持つ事から道徳心が芽生えていくのだとされます。では、そういった国々で「私は無神論者です」あるいは「私は無宗教者です」と自己紹介すると一体どう思われるのか…。きっと相手はこう考えます、「この人には畏れ敬う神も仏もない、つまり、自分自身を神よりも上の存在だと思っているのか。きっと自己中心的で神をもおそれぬ危険な人物に違いない…。何をされるか分からないから遠ざかっておこう…」。道徳の基盤がはっきりと宗教にある海外で「無神論者=道徳心のない人=危険人物」と思われる可能性があるというのは、つまりそういう事なんです。


っき、日本では家庭や学校など社会の様々な場面で道徳を習得していくと言いましたけど。それってつまりどういうことなんでしょうか…?

自分の小さかった頃を思い浮かべてみると、よく両親や親戚のおじさんおばさんたちに叱られていたのを思い出します。「年長者を敬いなさい」「嘘をつかずにいなさい」「意見ははっきり言いなさい」「礼を忘れずにいなさい」「食事の前後にはちゃんと挨拶しなさい」などなど…。きっと、みんなもそうですよね?

新渡戸稲造(にとべいなぞう、1862-1933)という教育者は、自身の著書『武士道』の中でこんな事を語っています。彼はベルギーの法学者から、「日本の学校には宗教教育がないというならば日本人はどうやって子孫に道徳を授けるのか」と質問されます。

その時、私はその質問に愕然とした。そして即答できなかった。なぜなら私が幼いころ学んだ人の倫たる教訓は、学校で受けたものではなかったからだ。そこで私に善悪の観念をつくりださせたさまざまな要素を分析してみると、そのような観念を吹きこんだものは武士道であったことにようやく思いあたった。


新渡戸は色々と考えた結果、自分が身に付けた道徳は「武士道」から来ていたのだと気づくわけです。

武士道というと何か大袈裟な気もしますけど、でも武士道の基本になっている誠実や仁義、勇気や礼儀、名誉や忠義といった考え方は、なるほど確かに自分たち日本人の道徳の基盤になっていると気づきます。

さらに言えば、武士道の思想とは、もとを辿れば仏教・神道・儒教の教えが複雑に絡み合って生まれてきたんです。

日本人の道徳の基盤は武士道にあり、そして武士道の基盤は仏教・神道・儒教にある…。
つまり、家庭や学校など社会の様々な場面で何気なく道徳を習得していると思っている私たち日本人と言えども。やはり、道徳の基盤は宗教にあるのです。


界からは、日本人はちょっとユニークな宗教観を持っていると言われて久しいですけど。最近、「自分は無宗教です」と口にする人も増えてきているようです。無宗教式の結婚式や、無宗教式のお葬式などがどんどん数を増やしているというから驚きですよね。

ここで、冒頭の話に戻りましょう。

皆さん、初詣には行かれました?
初詣ではどんな気持ちで参拝します?きっと、願い事が聞き届けられますようにと心から祈りながら参拝しますよね。「あーやだなー、神なんて非科学的なのに、自分なんで手合わせてんだろ、バカみたい」と思いながら参拝する人なんていませんよね。そもそも、そんな人なら最初から参拝なんかしませんもんね(笑)

不思議ですね…。
無宗教を名乗る人々が周りに沢山居る一方で、毎年お正月にはこれだけ大勢の人達が寒い中参拝に出かけるなんて。一見、矛盾しているようにも見えます。

でも、「私は無宗教だから」と名乗る日本人のほとんどは、自分から言わせればさっぱり無宗教者には見えませんよね。もし本当の意味での無宗教者を名乗るなら、結婚式は一切なしで役所に行くだけとか、初詣にも地元の祭りにも顔出さないとか、遺言で寺の墓には入れず散骨してくれと書くくらいのことはすべきですよね。つまり、無宗教者レベルがまだまだ低いというか、修行が足らんというか(笑)

でも、神社でわざわざ長い列に並んで社殿の前で拍手打って穏やかに手を合わせる人々を見るにつけ、それだけでみんな本当に立派な誇らしい神道者だなと思うし。お寺で手を合わせている人を見れば、それだけでみんな立派な誇らしい仏教徒だなと思いますよね。

だから、自分が言いたいのはつまりこういう事なんです。


なにも、日本人は無理して無宗教者を名乗らずに、誇りを持って神道者や仏教徒を名乗ればいいじゃない。


どうして神道者や仏教徒だと名乗ることがそんなに恥ずかしい事なんだろうと、自分はそれが不思議です。

そもそも、世界の人々は日本人が無宗教者などとは思っていません。一般的に日本が世界に紹介される場合、日本は buddhism(仏教) あるいは shintoism(神道) の国であると紹介されるのが普通です。それはそうですよね、ちょっと街を歩けばあちこちにお寺や神社を目にするような国なんですから、それで宗教と全く無縁でいられるほうが難しいとは思いません?


海外に行ったときはもちろん、普段でもよほどの信念がない限りは無宗教者や無神論者を名乗らないことです。

自分はキリスト教徒だけれど、仏教・神道・儒教の上に育まれてきたこの国の文化を誇りに思います。だから、みんなにもそれを誇りに思って大事にして欲しいんです。


新年一発目、のな からみんなへの提案なのでした( ̄▽ ̄)。
別窓 | news | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【news】「冗談で立候補したら選ばれた」、英国教会の次期トップが告白 | クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” | 【news】氷点下の26時間待ち、「聖母マリアの帯」に行列5キロ 露モスクワ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。