FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【news】インド、牛肉料理許される?…国際スポーツ大会巡り論争
2010-02-01 Mon 16:29
ンド、牛肉料理許される?…国際スポーツ大会巡り論争
(2月1日11時29分配信 毎日新聞)

【ニューデリー=栗田慎一】インドで今年秋、4年に1度の国際スポーツ大会「コモンウェルス・ゲームズ(英連邦競技会)」が開催される。ところが、インド多数派のヒンドゥー教が「神の乗り物」として神聖視する牛の肉を使った料理を出すかどうかを巡って政治問題に発展。大会の成功を将来のオリンピック誘致につなげたい政府にとって頭痛の種となっている。

 コモンウェルス・ゲームズは英連邦所属の53の国・地域が参加し、1930年の第1回大会以降、インドでの開催は初めて。

 発端は、インドの大会運営委員会が選手村で牛肉料理の提供を計画しているとの地元メディアの報道。ヒンドゥー原理主義政党で最大野党「インド人民党」は1月中旬、「インドの文化と伝統を破壊する行為」などとして撤回を求める手紙を運営委に送り、騒動の火がついた。

 インド政府は「国家の威信」をかけてインフラ整備に予算を優先配分し、主要都市の空港新築や地下鉄・道路の拡幅整備などを急ピッチで進めている。

 牛肉騒動は、昨年5月開票の下院総選挙で歴史的惨敗を喫した人民党の巻き返し策との見方もある。

 ただ、インドは人口の8割以上がヒンドゥー教徒だけに、「高度な判断が政府に求められる」(外務省高官)のは確実。運営委幹部は取材に「(大会に参加するのは)牛を食べる習慣のある国がほとんどだし、国際的行事に宗教を絡めるべきではない」としながらも、「対処を誤れば大会の成否に影響する」と懸念を示した。




これは…、ちょっと厄介な問題ですねー…。

この「コモンウェルス・ゲームズ(英連邦競技会)」という大会についてはよく知らないんだけど、第一回大会が1930年という事は結構歴史のある大会のようですね。オリンピックみたいに毎回開催地が替わって、今年は大会始まって以来のインド開催との事。

世界各地から選手が集まってくるので、食の好みもバラバラ。中には「牛肉を食べないと力が出ないヨ!」なんていう選手もいるのかなー…?やっぱり。そもそも、ヒンドゥー文化のインド国内で牛肉を調達するだけでも大変そうだね。

とりあえず、自分の意見としては…。


選手の皆さんには申し訳ないけど、今回だけは牛肉を我慢してもらうという事でいかが…?(汗)


…まあ、選手の皆さんは母国に帰ったら思う存分牛肉を食べられるワケだしね。

「郷に入りては郷に従え」ですよ。


せっかくみんなが仲良くなれるスポーツの祭典なんだから、こんな事で台無しになるのは悲しいですもんね…。

インド政府もみんなとよく話し合って、ベストな判断をしてほしいですね。
別窓 | news | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【news】長崎でキリスト教遺産巡礼ツアー、旅行社にモニター「韓国の皆さんいらっしゃい!」 | クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” | 【news】「アバターは反米・反軍映画」保守派いら立ち>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| クリスチャン のな の“それってどうなの?~how about IT!~” |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。